監査の役割も果たす調剤薬局の薬剤師

監査の役割も果たす調剤薬局の薬剤師

多くの薬剤師さんが調剤薬局で働いています。
では、具体的に調剤薬局においてどのような働きをするのでしょうか。
その主な仕事は、医師の処方箋通りに薬を準備することです。
最近ではお薬手帳への記録も大切な仕事です。
それと同時に、記入ミスがないか、飲み合わせの副作用などがないかなどの監査の役目も果たします。
最近では積極的に服薬指導を行なうことが求められます。
患者さんも積極的に質問してこられますから、必要な援助を与えることが求められます。
調剤薬局における薬剤師は、基本的に医師の指示通りの仕事を行なうことになるのですが、大切なチェック機能を果たすことにもなります。