価値ある生き方研究所

退職〜許せない上司の言葉〜

リストラが行われた。当時、私は課長で、数人ながらも社員と契約社員を仕切っていた。
部長がこう言った…「お前の部下全員、退職するように仕向けてくれないか。そうすれば、部長の席を約束するから。」…
私たちは自分のため、企業のため、一生懸命利益を上げることに頑張ってきた。
今回のリストラは、「50歳以上の社員」だったはず。
なのに、どうして20代30代のこれからの社員の首を切らなければならないんだ?
もともと、私の性格は直情型…その言葉に、私の企業に対する愛着心がプツンと切れてしまった。
1週間後、私は辞表を提出した。
部長からは、自宅に何度も電話が掛かってきたが…途中から、妻に「いないことにするように」と伝えていた。
もちろん、辞めたことに後悔はしていない。
人間としてのプライドだけは、失いたくなかったから。